Welcome to the official website, web art gallery of artist Takayuki Matsumine.

Follow Me on SNS

Copyright 2018 Takayuki Matsumine – All Rights Reserved

NEWS

2020年7月3日(金)〜7月31日(金)、展示会「The Initial Bang 」を開催します。

【展示会情報】

2020年7月3日(金)〜7月31日(金)、渋谷の「The Hive Jinnan」で”Takayuki Matsumineのアート作品展示会”「The Initial Bang」を開催します。
本展示会”The Initial Bang”は、Takayuki Matsumineが持つ幾つかのアートスタイルの1つである、爆竹を使ったアート/Firecracker Paintingを題材とした作品展示です。
「絵具を爆竹で破裂させ、描き上げていく。様々な材質の上で、約10,000発の実験を繰り返してきた。その一つひとつ、全てにそれぞれの現象と表情があった。」
ユニーク、かつどこか奇怪なその響きの中に織り込まれた、コンセプチュアル(概念的)な思考から組み立てから生まれたそのアートスタイル/Firecracker Paintingの軌跡を本展示会で垣間見る事ができます。Firecracker Painting全作品中の1部の展示にはなりますが、ぜひご観覧頂き、Takayuki Matsumineが表現するアートの世界をご堪能ください。

*尚、新型コロナウィルス感染症対策として、以下の条件下で本会を開催致します。

■開催概要

  • タイトル:The Initial Bang 
  • 会期:2020年7月3日(金)~7月31日(金)
  • 開廊時間:8:00~20:00 (土日祝は休み)
  • 会場:the Hive Jinnan (最寄駅:渋谷駅)
  • 〒150-0041 東京都渋谷区神南一丁目6番5号

    ※7月18日(土)11:00~17:00は本アート展示企画の管理者が在席してます。※駐車場はございません。

■オープニングオンライントーク

2020年7月3日(金)20:00~21:00

Takayuki Matumine FBページとThe HIVEグループ7カ国に同時配信します。

配信先
■作家による本展示会の概要・メッセージ

“存在のきっかけは爆発”

銀河、太陽、惑星、地球、そして地球に存在する生物、そして僕自身、僕を取り囲む人々、植物、それらを取り巻くすべての事象、そういったあらゆる「もの」と「こと」がそこに存在し始まることの”きっかけ”について僕は興味深く考えている。無が有に変わるその発端とは。 
爆発&トリガー。僕らを取り囲む宇宙には様々な爆破現象が見られる。目に見える爆発、見えないものとこと、それらの大小は問題ではないが、それらの爆発はものごとの「きっかけ」として疑わしい。 

繰り返す。あらゆる事象には、きっかけが必要だ。そのきっかけについて強烈な興味を持っている。きっかけがあり、存在し、進行しながら目的を果たす。そして、また次の目的を持つものがきっかけにより、生まれ、それを繰り返していく。その輪廻の中に僕らは存在する。その輪廻の中に変化をもたらすことはできないだろうか。ものごとが停滞する時は、トリガーを引き、流れを変えていく。爆発によって、空間を引きちぎり、新しいものを生み出し、運命という流れを良い方へ傾けていくことはできないだろうか。 

幼少期に爆竹で遊んでいたことを思い出した。着火された爆竹が爆発するその瞬間は、ことの発端を待つ高揚と緊迫感からか、幾分時が引き伸ばされているように感じる。、破壊音と共に、心身が一時 停止させられる感覚に陥る。ことの顛末を見守らざるを得ないのだ。時間や意識をねじ曲げながら、その「きっかけ」をつくるエネルギーの痕跡を目で見てみたいと思った。キャンバスに盛られた絵具に爆竹を設置し、着火すると、爆破のエネル ギーを受けた絵の具は吹き飛ばされ、その時の方向へ飛んでいく。絵の具の最小粒子まで引きち ぎられたようなエネルギーの痕跡がそこに残る。存在のきっかけが視覚的にそこにあるような気 がする。トリガーを引いてみよう。

■作家プロフィール

Takayuki Matsumine

1985年12月9日岩手県雫石町生まれ。同県の盛岡市在住のアーティスト。 

2001 年フリースタイルスキーの転倒事故により頸椎を骨折、頚髄を損傷。身体の多くの機能を失う。2013 年、単身でアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに渡り、サンタモニカカレッジでインダストリアルアートに出逢うと、そのエンターテイメント文化に触発され、全く経験のなかったアートの世界に飛び込んだ。卑劣な体験を経験値に変え、失った身体機能がもたらす内面的な力を研ぎ澄ませ、アート作品を生み出していくことに努めてきた。「生」に強い価値観を抱くき、燃えたぎるものをアート作品としてアウトプットしている。キャンバスへの描画、デジタル彫刻、メディアアートなど、メディア・手法を問わない作品を創出する。

<もっと詳しく↓>


My New Art Project “HAM goes around Japan, Nice to meet you!” Launched.

“We can’t go outside, so HAM goes outside to meet you.” HAM, a character sculpture, was created as an alter ego of the artist Takayuki. Now that we can’t go out due to the effects of the coronavirus, how should we enjoy it at home? TAKA has begun a project that uses his wonderful logistics service to deliver his alter ego work throughout Japan, relaying and artistic sculptures. Now that it is difficult to interact directly with people, I try to create a community by engaging with people through my work.

Check Out The Project Page


現代アート作家の松嶺貴幸とプロスケーターの中田海斗の共作映像公開

現代アート作家の松嶺貴幸とプロスケーターの中田海斗、異なる分野で活躍する2人の表現者が5日間の共同生活を送り、お互いの「表現」を「シェア」することで、ひとつの作品をつくりあげる「SHARING EXPRESSIONS」のドキュメンタリーが公開。

公開先メディア・FINEPLAYページ
https://fineplay.me/culture/44339/

現代において乗り物や住居、家具や服などの個人資産をインターネットを通じて貸し借りを行う「シェアリングエコノミー」が流行している。今後は個人資産などの有形物にかかわらず、スキルなどの無形物も様々な分野で「シェア」されていくことが予測されている。
同時に現代は、「表現」の重要性が増していく時代でもあるという。AI研究の発展によってAIと人間の差がより曖昧なものとなっていく中で、”人間らしさ”や”個性”を「表現」することが必要とされてくる。しかし今はまだ、「表現」する方法について理解している人はほとんどいないのが現状だ。
だからこそ、「表現」を「シェア」することで新しいモノやコトを生み出していく。これからの時代は「表現」を「シェア」する時代へと変化している。
そんな状況の中、全く異なる分野で活躍しながらも、互いの「表現」を「シェア」することで、二人でひとつの新しい作品をつくりあげた松嶺貴幸と中田海斗の制作ドキュメンタリー「SHARING EXPRESSIONS」が本日ついに公開。
フリースタイルスキーでの事故による脊髄損傷をきっかけに自身の生命と向き合い、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスでのインダストリアルアートとの出会いをきっかけにアートの世界に飛び込んだ松嶺。
そして1997年生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身、アメリカでプロスケーターとして活躍することを目標に活動しており、TVドラマテラスハウスにも出演し話題となった中田。
ビデオグラファーは国内外のアーティスト、クリエイター、ミュージシャンのドキュメンタリーを数多く手掛けるNaoto Sakamotoが担当。二人の才気と人となりを余すところなく堪能できるドキュメンタリーフィルムとなっている。


Group Exhibition Art Show “HOMO FUTURIS” will be on the show in Harajuku Tokyo, JAPAN

【Announcement】

From December 6th (Fri) to December 10th (TUE) 2019, a group exhibition will be held at “Gallery COMMON” in Harajuku, JAPAN.
During the exhibition, artists Takayuki Matsumine / @takaarts and Freyja Dean / @freyjadean will be at the gallery. We’re looking forward to meeting you.

■Concept
What is “Humanness”?

In the future as technology advances, humans will have to grope for a new conception about the significance of existence. It seems that humans need to enhance each individual’s functions in order to combine HUB together, instead of settling in the HUB.
In the near future, when some human functions are interchangeable to artificial things in the field of medical care or other scientific scenes, the value of our identity will have a greater meaning for each person more than ever.

What kind of answers are waiting for us ahead?

The exhibition will feature the artworks by two artists; Freyja Dean whose creative theme is “Nature, Living things and Human community” and Takayuki Matsumine whose creative theme is “Tech, Medical and Human body”. The concept of their artworks is development of technology and accompanying possibility.
Two young up-and-coming artists’ sensitivity brought up in different soil, England and Japan, crossovers at this exhibition.
Please take this opportunity to visit a group exhibition “Homo Futuris”.

■About
Title:Homo Futuris
Period:December 6th(Fri)- December 10th(Tue), 2019
Hours:11:00~19:00
Venue:Gallery COMMON (http://www.gallerycommon.com/)
6-12-9 1F Gijngu-mae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
Access:5 min walking from Tokyo metro ”Meiji Gingu-mae station”.
10 min walking from JR”Harajuku station”.
※No parking area. Please refrain from coming by car.

■Opening Reception
December 6th, (Fri), 2019 from 18:00~21:00

■Venue / Gallery COMMON

http://www.gallerycommon.com/

■Biography

Takayuki Matsumine

Born in Shizukuishi, Iwate prefecture in Japan surrounded by beautiful environment filled with vivid change of seasons, Takayuki Matsumine has grown up with rich inspiration from nature and strong influence of grandparents who took over the inheritance of local folk crafts from early childhood.
In the age of 16, the fatal ski accident and destruction to the cervical spinal cord has changed his life dramatically where he started to face against the value of life with holding intermixed emotion of desire to live and suffer from living daily life. And still the suffer from fatal accident is giving energy to ignite his motivation.
While ejecting the energy made from his experience, the neuron spark occurring within the brain, the desire for neural resuscitation and brain waves that continue to jump out intensely are derived from quantum forming the cosmology and leading to his art expression. Gaining inspiration from the artwork, such as figurative arts, installation, technology and scientific fusion, he is reacting naturally and updating his study into his artwork.
“Now I feel the limited ability left to survive is somehow perfect balance for my lifestyle.” He only has brain and nerves from neck to top, but gained valuable experiences from the accident, which he states The Perfect Accident. “It is my life to continuously express the spirit and soul of Life and Death I struggle in my artwork.”

HP: takayuki-m.com

Instagram: https://www.instagram.com/takaarts/

Freyja Dean

Freyja was born in Brighton and brought up in the suburbs of Sussex, England. Her mother, Amanda, is an artist and also a member of the local assembly . Her father, Roger Dean, works with many artists designing their album jackets. From her infancy, (In her childhood she learned )she has learned from her parents how to make objects by hand using natural materials  around her. What she has learned from her parents formed the base of her style, interest in natural world or natural science.

Freyja Dean studied BA Scientific and Natural History Illustration at Lancaster University before her MA in Art and Science at Central St Martins, London. She has also studied Forensic Facial Reconstruction at Cambridge University and History of Medicine through the Open University. These studies have influenced her work in various artistic fields such as designing opera costumes, character design for computer games, album covers, artworks for medical museums and public art pieces. Freyja most recently has been working for the Royal College of Surgeons creating synthetic body parts for surgical trainees to practice procedures on, as well as freelance design projects and exhibitions in the UK and Tokyo where she is currently living and working.

HP: https://www.freyjadean.com/

Instagram: https://www.instagram.com/freyjadean/


“The Factors” solo exhibition of Takayuki Matsumine will be on the show in Nishiazabu Tokyo, JAPAN.

Dates: May 10 to May 21
Location: Garou Gallery / Courtyard Hiroo 3F
https://cy-hiroo.jp/gallery/

Opening Reception Party: 18:00~21:00 on May 10
– Entry free –


Takayuki Matsumine will direct A Relational Art Project “Kintsugi” with Yahoo! JAPAN

Takayuki Matsumine will direct a relational art project “Kintsugi” with collaborating Yahoo! JAPAN Do Action projects. The event will be hold this coming April at LODGRE in Yahoo! Japan’s building, and the event will open for 2 weeks. Anybody who are either interested of Art or not can join for free.

Location: LODGE https://lodge.yahoo.co.jp/access_pc.html
Dates: April 11 to April 24
Open: 11:00~20:00 everyday


Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google